お父様お母様へ

歯医者さん嫌いにならないために

歯医者嫌いのお子様が多いのは、むし歯になってはじめて歯医者へいくからです。削ったり抜いたりするのは大人だって気が重い。小さなお子様ならなおさらです。歯医者さんはお口をきれいにしてくれる気持ちのいいところ、そんなイメージをお子様にもってもらい、お口のチェックを習慣付けしてあげれば、痛くなる前に早めに治療することはもちろん、むし歯にさせないことが可能です。

泣くことには意味がある、それを乗り越えましょう

もちろんむし歯を削ったり、抜歯が必要なこともあります。そんなとき、不安になって泣いてしまうのはごく自然なこと。お子様にとっては意味のあることなのです。泣いても大丈夫です。小児歯科専門の医師とスタッフが、優しく向きあい、お子様を応援しながら、いっしょに頑張ります。

また来てね、また来るねの関係を

健康なお口でしっかりかんで食べれば、正常なあごの発達が促され、姿勢も良く、内臓も健康になります。また、生え変わりの時期の管理も大切です。保護者の方といっしょに、生まれたときから口腔ケアの意識付けを!枡富歯科医院では、お子様の不安を取りのぞき、また来たくなるような、場づくりにつとめています。

ウィンドウを閉じる